FC2ブログ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:-- 】
スポンサー広告
空間投影
 それは、1300年代の出来事でした。
ある家の中庭で遊んでたら、突然まわりの風景が、かわった。話し声がするので後ろを振り向くと、おじいさん縁側で座って、話しかけて来ました。「そこにある板の上にのって、跳んでみろ」と言うのです。
言われるがまま、板の上にのり、跳んだら、こんどは、「ここの上に乗ってみろ」と言って指をさしたが、そこには、なんもない、あるのは地面だけ、不思議に思い、その場所にいったら、なんと宙に浮いてるでわないか(なにかを踏んでる感触はあった(空間壁))そこからと飛び降りて、じいさんの方を向くと、あたりの風景は、元どおり。あとで、その家のじいさんが「いい経験したな、あれは、空間投影と言うんだ、送信所が、時折そう言う事をする」と言ってました。今思えば、あの時みんな送信所から送られてくる映像を、夢見で、見てたな!!

 ある部屋での出来事
とつぜん「そこの壁に上ってみろ」と言う」声が聞こえた。上れるかと思いながら壁に手を添えたら手が、壁にひっきそのままてんじょまで上れたではないか、しかしどう降りたらいいのか解らずこまった。しかたなく飛び降りたら手に、とげが刺さり痛かった。後で、ばあちゃんが、笑いながら、とげを、ぬいてくれた。その後、時より手に痛みがあり、手を見ると、とげが・・・ 送信所のばかやろう!!時間か!!

 ある町での出来事
町を一人で散歩してたら、人だかりが出来てたので、なんだろと思い、ちかずくくと、突然空間が、ゆがみ私が通るだけの道が出来たのです。「さあ、おとうり」と言う声が聞こえ、言われるがまま通って行ったら、そこでは、露天商の者が、物売りをしてた。なんだと思い又その道を通り、家に帰ったら、ばあちやんが、わらってた。

 1987年の出来事
 とある町の道を車で走ってたら突然「この道をまっすぐに走れ」と言う声が聞こえ言われるがまま走ってたら、いつの間にか、隣に平行にはしってる、道を、走ってるではないか!!不思議に思いながら家に帰った。数日後その道を見に行ったら、道がない!!(今思えば昔じいちゃんが、言ってた、それが空間道かな)追伸ー送信所の話によれば、その前後に車3台導いたと言う話を聞かされた。

 車で走ってたとき、ある交差点で、左折しょうとしたら、突然信号待ちをしてた赤いマイクロバスと、隣に並んでた、メタリック色の普通車が、水平に動いたため、私の通ろうとする道がなくなった、あわてて停車、そのまま、運転者同士にらめっこ。しばらくすると、その車は、水平移動し元の位置戻り、走ろうとするこちら側の道も元通りに、現れ、やれやれと言う事でした。その後、半年ぐらいその交差点で同じ事故が、多発。みな反対車線で、あの時の赤いマイクロバスと、ぶつかってた。
送信所のたわけ、なんと言う事するだ!!
 

 
スポンサーサイト

テーマ:不思議な出来事 - ジャンル:

【2006/07/11 11:39 】
知られざる世界(不思議な出来事)
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。